SaboTENA.com

日常の興味深い話題や役立つ情報を提供します。

ズッキーニ人気のレシピと効率よく栄養取れる食べ方を紹介

   


夏野菜の代表と言えばトマトやオクラ、ピーマン、ズッキーニがあります。

夏に収穫されるので夏野菜と言われています。

夏野菜は栄養価も高く美容や健康にも良いんですよ。

女子に嬉しい栄養がたっぷりなので、夏には積極的に食べてみたい食材ですね。

料理が苦手な女子でも簡単に作れるレシピも紹介します。

ズッキーニは女性が喜ぶ栄養も満点なので、きっと食べたくなりますよ。

今回は夏野菜の代表ズッキーニのレシピや栄養を効率よく取れる食べ方を紹介します。

スポンサードリンク

気になる栄養は?

ズッキーニ

最近はスーパーでもよく見かけるようになった野菜ですが、調理方法がよく分からない、という方も多いかと思います。

栄養も満点で美容や健康にも良い!

でも、どのような栄養が入っていて、美容にはどのように良いのでしょうか。

以外と、一般的には細かいことがよく知られていないズッキーニですが、見た目はキュウリに似ているのでキュウリの仲間だと思っていた方も多いですよね。

実はかぼちゃの仲間で、ズッキーニにはカボチャと同じでβーカロテンが多く含まれています。

他にもこのようなが含まれているんですよ。


・βーカロテン

・カリウム

・ビタミンC

・カルシウム

・鉄分

βーカロテンは皮膚や粘膜を強くする効果があるので肌荒れが酷い方や乾燥肌の方におすすめ。

免疫力を高める効果もあるので風邪の予防にも良いんです。

カリウムは、むくみが酷い方にはおすすめ。

身体の余分な水分を外へ出してくれる効果があります。

ビタミンCはシミやソバカスを予防する効果があります。

カルシウムは骨や歯を強くする効果があります。

年配の方は骨粗しょう症の予防にもおすすめです。

鉄分は貧血予防に。

貧血気味の方は積極的にとりたいですね。

他にもビタミンB1やビタミンB2、葉酸など美容や健康に良い栄養素が沢山です。

疲れが抜けない方にもタウリンが栄養素として入っています。

タウリンは疲れに良いので簡単レシピで食べちゃいましょう。

夏は紫外線も強くなってシミやソバカスも出来やすくなってしまいます。

ズッキーニは夏だからこそ取りたい栄養満点の食材ですね。

むくみが酷い女子におすすめ

仕事が終わった夕方になると足がパンパン。

ヒールも入らなくなる女性も多いですよね。

そんな、むくみが酷い女性の強い味方になるのが、カリウムを栄養成分として含むズッキーニです。

夏では、暑さのために汗をかき、そのため水分を多く摂りすぎてしまう季節でもあります。

カリウムは体の余分な水分を外へ排出してくれる効果がありますので、水分の摂りすぎ対策としてもよいでしょう。

また、ズッキーニの栄養成分であるビタミンB群は血液の循環も良くしてくれます、積極的にとりたいですね。

さらに、食物繊維も豊富に含まれているので便秘気味の方にもおすすめです。

ズッキーニは栄養も高く、クセも無いので食べやすいです。

調理も簡単なのでレシピも沢山出ていますよ。

美味しい食べ方〈油で揚げるレシピ〉

沢山の栄養が入ったズッキーニ、美味しい食べ方とはどういった食べ方があるのかを紹介します。

油との相性がとても良いので油で揚げたり、炒めたりして食べると、とても美味しいです。

火を通すとナスの様な食感になり、油で炒めるとホクホクしてレシピの幅も広がります。

料理が苦手でも簡単に調理が出来るレシピを紹介します。

・簡単、ズッキーニのから揚げレシピ

ズッキーニのから揚げレシピ

〈材料〉

ズッキーニ 1本
塩コショウ 少々
片栗粉か小麦粉 大3~4
オリーブオイル 大2~3

〈作り方〉

①ズッキーニを1cm位の厚さに輪切りにします。

②水分を取り、両面に塩コショウをふります。

③ポリ袋に片栗粉か小麦粉を入れてズッキーニ全体に粉をまぶします。

④フライパンに多めのオリーブオイルを引いて、両面がきつね色になるまで揚げます。



しっとりした感じが好きな方は小麦粉をサクサク感が好きな方は片栗粉をまぶすと違う食感になります。

味付けはポン酢がおすすめです!

夏にはサッパリ頂く事が出来ます。

オーロラソースや焼肉のタレでも美味しいですよ。

・彩り野菜の揚げびたしレシピ

ズッキーニ 野菜の揚げびたしレシピ

〈材料〉

ズッキーニ 1本
オクラ 4本
パプリカ 半分
ナス 1本
アスパラガス 2本

〈作り方〉

①ズッキーニ、ナスは一口大の大きさに切り、パプリカは輪切りにオクラは中央に浅く切れ込みを入れる、アスパラはハカマをとり5cmほどの長さに切る。

②油は180℃に熱して野菜を素揚げする。

③油から上げたら、めんつゆにに浸してしんなりしたら出来上がりです。


トッピングで鰹節を上にかけても美味しいですよ。

少しアレンジを加えて食べれば飽きが来なくておすすめです。

スポンサードリンク

美味しい食べ方〈煮込み料理レシピ〉

煮込み料理も美味しく食べられる調理方です。

煮込む時には油で軽く揚げる事で風味が上がります。

・レンジで簡単ラタトゥイユレシピ

ズッキーニ ラタトゥイユレシピ

〈材料〉

たまねぎ 半分
マッシュルーム 5個
パプリカ(赤)1個
パプリカ(黄)1個
パプリカ(オレンジ)1個
ピーマン 1個
ズッキーニ 1本
ナス 1本
ローリエ 1枚
オリーブオイル

こしょう

〈作り方〉

①ミニトマトはヘタを取り横に半分の大きさにする。

②それ以外の野菜は種やヘタを取り、早く火が通る様に7mmから8mmの大きさに切る。

③鍋にオリーブオイルを引き、鍋が熱くなったらたまねぎを入れて炒める。

③その後に、ピーマン、パプリカ、ズッキーニ、ナス、マッシュルーム、最後にミニトマトを入れて塩を振りながら炒める。

④ローリエを入れて弱火にして30分ほど蒸し煮する。

⑤最後に塩こしょうで味を調える。


今回は野菜だけですが、鶏肉とも相性が良いので鶏肉を入れてメイン料理にしても良いですね。

味付けは塩こしょう以外にもカレー味も美味しいです。

知らない人も多いですが、ズッキーニは皮をむかなくても食べる事が出来る野菜です。

野菜の皮むきは面倒ですよね、皮をむかないので楽ちん調理できる食材です!

ズッキーニはクセもないので、どんな料理法でも美味しく食べる事が出来ます。

見た目はキュウリに似ていますが生では食べられないので必ず火を通して食べて下さい。

まとめ

ズッキーニには意外に栄養が沢山入っていることが分かりましたね。

女性の悩み、むくみ解消や便秘解消にも良くて、ビタミンCが豊富なので美肌作りにもとっても良いです。

夏は食欲も低下し疲れもとれなくなります。

その点、タウリンもとれますので夏バテの時にも大活躍しますね。

簡単に作れる、煮びたしは多めに作っても2日から3日は日持ちしますので、作り置きも出来ちゃいます。

気になる、むくみ解消や美肌作りの為に毎日、食べましょう!

 - 食べ物

Sponsored Links